中性脂肪はウォーキングで減らすことができる?【少しずつ始めよう】

「中性脂肪が高いですねぇ」と診断されるとまずは生活習慣の見直しをすることを勧められます。

 

食事やアルコール、禁煙の他に大事なことが。

 

そう、運動です。

 

運動すると言っても、何をどのくらいすれば良いのかピンと来ない人も多いかと思います。

 

数ある運動の中で、特にウォーキングには中性脂肪を落とすことでも、またダイエットの意味でもかなり有効な運動と言えます。

 

「中性脂肪は落としたいけど、ウォーキングかぁ・・・面倒くさいな」

 

と思う気持ちはわかりますが、ウォーキングを無理なく続けることを目指して中性脂肪をがっつり落としてしまいましょう。

 

ウォーキングの効果的なやり方をついて書いていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

ウォーキングは体と場所、お金の負担が少ない優れた有酸素運動

 

まず、ウォーキングが中性脂肪を落とすことに優れているのは、ジョギングなどのように激しいものではなく、比較的ゆっくり歩くことができる点があります。

 

ウォーキングは筋肉や膝などの関節、心拍数などの負担が少なく、ウォーキングシューズ以外に必要な道具もスキルもありません。

 

そしてお金もさほどかからず中性脂肪を落とせると言うメリットがあると言えます。

 

 

 

ウォーキングを最大限に味方につける4つのポイント

 

ここで中性脂肪と落とす効果的なウォーキングの仕方を紹介したいと思います。

 

?まずは20分、食後30分から1時間後にスタート

 

有酸素運動は20分続けることで中性脂肪に効果が出ると言われています。

 

ウォーキングで20分だと大体1.6kmほどになります。

 

また、食後30分?1時間後にウォーキングをスタートすると、血中の糖分が代謝され食後血糖値の上昇を抑える効果がありますので食後がおススメです。

 

?負荷は少し息があがる程度、少しキツイなと思うくらいにしましょう

 

中性脂肪を落とすためにも、ダラダラとウォーキングしてはあまり意味がなくなってしまいます。

 

目安は歩いていて「ちょっと息があがる、キツイな」と言う程度がベストです。

 

?正しい姿勢を心がけましょう

 

ウォーキングで大切な姿勢と言うのは「背筋をまっすぐに顎を引く。つま先をけり出すようにし、かかとで着地する」ことです。

 

正しい姿勢をキープすることで、ウォーキングの効果も上がり、中性脂肪を落せる効果になりますので頑張りましょう。

 

?継続は力なり

 

中性脂肪のため、と言っても、ウォーキングを続ける上で一番難しいのが継続だと思います。

 

ウォーキングを続けるためには自分の生活のリズムに取り入れてしまうことが一番です。

 

その人の生活にもよりますが、朝方の人は朝早く、ゆっくり夕飯を取ってから、など無理ない時間帯に入れましょう。

 

中性脂肪も体重も落とすためにはウォーキングなどの運動の継続が成功のカギになります。

 

サプリメントを取り入れて効果を高める

 

中性脂肪を落とすために、食事療法や運動療法、禁煙、禁酒もありますが、サプリメントの力を借りることも有用です。

 

「ビアンコロール」は中性脂肪を減らす効果だけではなく、痩身効果も期待できます。