中性脂肪を減らすポイントを解説します!

中性脂肪が高いと言われたものの、どうやって減らすことをすればいいかわからない。

 

実際、健康診断の結果でわかることが多いですが、要精密検査と言う文字が書いてあるとちょっと不安になりますよね。

 

 

 

 

まずは生活習慣の見直しから始めよう

 

中性脂肪は、悪いイメージがつきやすいのですが、本来は人間の体のエネルギーとなって働いています。

 

それでも、30?149mg/dlと言う基準があって、それよりも高い値が出た時初めて減らす必要性が出てきます。

 

中性脂肪を減らすには、何が原因かを探らなくてはなりません。

 

太っていないか、運動不足ではないか、アルコールを飲んでいないか、喫煙の習慣の有無などがあります。

 

また、女性であれば妊娠をしていないか、更年期に入っていないかも影響します。

 

もう1つには両親に中性脂肪やコレストロールが高く、減らす薬を飲んでいるか、など様々な要因があるのです。

 

 

 

平日は青魚や大豆食品や野菜中心の食生活へ。アルコールは赤ワインに。

 

中性脂肪が高い人は大抵、生活習慣に問題があることが多く知られています。

 

中性脂肪を減らすためにも、まずは自分自身の食生活を見直してみましょう。

 

秘訣?中性脂肪の原因となる炭水化物や脂身の多い肉を控えましょう

 

炭水化物や動物性たんぱく質は中性脂肪の元になります。

 

中性脂肪を減らすにはこれらを控えることをお勧めします。

 

また、平日はご飯の量を半分にし、中性脂肪を減らす効果のあるDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含む青魚を採ることがおススメです。

 

とは言え、中性脂肪を減らすために毎食青魚を採ることは難しいので、納豆や豆腐など植物性のタンパク質を食べるなどしていくといいかもしれませんね!

 

我慢ばかりでは続かないので、休日はお肉類など好きなものをチョイスすることでメリハリがつき、持続することができるかもしれませんね。

 

秘訣?野菜をたっぷりと!!

 

人は一日に350gの野菜を採ることが勧められていることは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

中性脂肪を減らすためにも野菜はとても大切です。

 

今はコンビニでもスムージーが簡単に手に入りますし。糖質やカロリーを抑えたスムージーも売られているので、なかなかサラダを食べられない時は活用しましょう。

 

中性脂肪を減らすためには野菜不足を解消、ですよ。

 

秘訣?アルコールは2日に1回赤ワインにチェンジ

 

アルコールは殆どのものが糖分を多く含んでいます。

 

糖分は中性脂肪になりやすいので、ワインが好きな人は糖質の低い赤ワインにするのがおススメです。

 

 

 

 

タバコは思い切ってやめて、適度な運動を心がけましょう。

 

秘訣?タバコを吸っている人は禁煙外来へGO

 

中性脂肪を減らすためにも喫煙の習慣がある人は思い切って禁煙してみませんか?

 

今は病院で禁煙外来を設けているところも多く、保険が適用されます。

 

大体3カ月の治療期間で、総額2万円ほどで禁煙することができるんですよ。

 

私も通った経験がありますが、チャンピックスと言う薬を服用すると本当にタバコを吸いたくなくなり、医師によるサポートも受けられるのでお勧めです。

 

私の場合、食事や運動も見直した上で禁煙し、2カ月で中性脂肪を基準値内まで減らすことができました。

 

また、呼吸が楽になると運動する気が起きてきます。

 

秘訣?1日20分のウォーキングで攻める

 

タバコを吸わない人も、中性脂肪を減らす良い機会ですので無理のない程度の運動をしましょう。

 

例えばウォーキングなら、1日20分、週3日程度でも構いません。

 

習慣化することで四季の移り変わりを感じながら楽しんでウォーキングできますよ。

 

生活習慣を見直すことで中性脂肪を減らすことは十分可能です。

 

それから、サプリメントを服用することで中性脂肪を効率よく減らすことも検討してみませんか?

 

ビアンコロールは、中性脂肪を減らし、糖質や脂質の吸収を阻害してくれます。

 

痩せたとモニター結果で100%の効果が得られている今注目されている商品です。