食事制限してるけどストレスがやばい【なんとかしたい】

ダイエット、常に私たちに付きまとうテーマですね。

 

どうしたらすぐ痩せるのか、と考えて短絡的に食事を抜いたり、卵だけとかグレープフルールだけ食べるなどの単一食品ダイエットに走ったり、など食事制限してしまうことがありませんか?

 

実はこれは本当に危険なことなのです。

 

この食事制限をしてしまい、痩せたけれどもそのストレスでリバウンドしてしまったり、もっと太ってしまったりなど、恐ろしい結果が多数報告されています。

 

簡単に食事制限してしまった結果でストレスを感じ、ダイエット失敗とならないよう、食事制限について少しお話させてください。

 

そもそも減らすべきは体脂肪で筋肉ではないのだ

 

まず、食事制限をしてしまう方の多くは単純に食べなければ痩せると思われていらっしゃると思います。

 

ですが、これは最大の間違いです。

 

人間は食べたもので身体が作られていますし、常に細胞は新陳代謝という形で変わっていきます。

 

この新陳代謝を活発にするということがダイエット成功のカギとなるのです。

 

ダイエットの目的は体脂肪を減らすことで、筋肉を減らすことではありません。

 

体脂肪1s減らすためには、約7200kcalの熱量が必要となります。

 

つまり、一日で1s体脂肪を減らして痩せようとすると、約7200kcalの活動をしなければ、難しいということです。

 

これはいくらなんでも無理ですよね。

 

どのくらい運動すれば、こんなに熱量を消費するのか、考えるだけで嫌になります。

 

しかしながら、いかに筋肉が働いて体脂肪を燃やしてくれるかが、ダイエット成功のポイントの一つなのです。

 

つまり、運動するときに使う筋肉は減らしてはいけないということになります。

 

筋肉は増やせる?減らせる?

 

さて、筋肉ですが、運動するとやはり疲弊したり、傷付いたりしたりと、修復が必要となってきます。

 

ここでポイントがいかに筋肉を修復させ、減らさないようにするのか、なのです。

 

一日動かない方は少ないと思います(もちろん病気を除く)。

 

つまり、毎日、きちんとたんぱく質を取ることが重要なことです。

 

単純に言えば、たんぱく質を摂取しないと、筋肉が修復しないので、減っていくということであります。

 

食事制限が招く恐怖のストレス

 

減らすべくは体脂肪であることは当たり前なのですが、単純に卵だけ食べる、グレープフルーツだけ食べるなどの単一食品ダイエット、一日一食しか食べないダイエット、絶食など、無茶な食事制限のダイエットをする方が多く見られます。

 

先程も述べましたように、筋肉はたんぱく質が基本ですし、ビタミンやミネラルなどの栄養がないと人間は死に至る危険すらあるのです。

 

また好きなものを食べることが出来ないというストレスが溜まると、ついドカ食いしてしまうことが多々あるのです。

 

これは一種の栄養失調も原因とも言えます。

 

人間はバランスよく栄養を取らないと、身体がうまく働かず、ストレスは摂食障害も招くという報告もあります。

 

摂食障害は死を招く恐れがあるのです。

 

極端な食事制限はストレスとなりますので、ダイエット中は絶対してはいけないことですよ。

 

ですが、簡単な食事制限をするのも大変だ、という方は「ビアンコロール」というサプリメントもおすすめです。

 

このビアンコロールはホワイトキドニービーンズが原料の血糖値を上げにくくしてくれるサプリメントです。

 

脂肪の合成は血糖値コントロールが肝心ですから、忙しい方はこのサプリメントを使うのもいいかもしれませんね。