食事制限のしすぎはリバウンドの原因に!【やりすぎ注意】

極端な食事制限をしてリバウンドした方は沢山いらっしゃいます。

 

その原因は一体何でしょうか?

 

今回、食事制限してリバウンンドしてしまう、その原因を徹底的に検証してみました。

 

おデブは栄養不足です

 

おデブの方はずばり栄養不足なのです。

 

驚かれると思いますが、本当のことですよ。

 

当然ですが、筋肉を使ってエネルギーを燃焼させて人間は動きます。

 

問題はそのエネルギーが溜まりすぎて余った状態の体脂肪です。

 

いかに体脂肪を燃やすか、がダイエットのコツでありますが、筋肉がうまく働くように、身体の細部に栄養を回らせるための血流なども大切です。

 

血流を良くするために、運動したり、入浴したり、身体を温めるなども有効ですが、その血流が悪いと細部まで栄養が回りません。

 

つまり新陳代謝がうまくいかなくなるのです。

 

内臓、筋肉にも栄養が回らず、代謝が悪くなるのです。

 

そして摂取エネルギーがうまく燃焼しないので、脂肪として身体につくことになります。

 

だからデブは栄養が細部まで回っていない栄養失調ということになります。

 

リバウンドの仕組み

 

先程おデブは栄養不足だと申しました。

 

ですから、卵だけ、グレープフルーツだけ、などの極端な単一ダイエット、絶食など栄養が回らなくなるような食事制限を行うと、血流が悪くなるわ、身体は温まらないわ、細部まで栄養が回らないわ、などから不調が表れます。

 

また、体内でエネルギーが不足すると不足分を筋肉から分解してエネルギーを作り出すという「糖新生」という状態を生み出すのです。

 

この糖新生が繰り返されると。筋肉が減少してしまいます。

 

つまり、筋肉が減少すると、基礎代謝が低下して、消費エネルギーが以前よりもどんどん少なくなってしまい、同じものを食してもエネルギーを燃焼させることが出来ないからだとなってしまうということです。

 

筋肉が少ない身体はぶよぶよと脂肪が多いので、ちょっとみっともないですね。

 

これがリバウンドする仕組みとなります。

 

食事制限がリバウンドを招く

 

極端な食事制限をすると、先ほど申し上げましたようにリバウンドを招きます。

 

適度な運動をして、筋肉をつかったら、筋肉を修復するたんぱく質をとって、身体の細部までビタミンやミネラルを送る血流をよくして、しっかり栄養を全身まで行き渡らせることがダイエットの隠れた秘訣でもあるのです。

 

なかでも鉄、亜鉛、ビタミンB、たんぱく質は痩せ体質になる栄養素です。

 

これは酸素を細部まで届ける血液中の鉄や不足すると新陳代謝が悪くなる亜鉛、その新陳代謝を活発にするビタミンB,筋肉や臓器の元になるたんぱく質など、これらの栄養素をしっかり摂るのが、リバウンドしにくい身体をつくるコツでもあります。

 

卵だけ、グレープフルーツだけの無理な食事制限がいかに栄養不足を招くかをお分かりになられましたよね。

 

 

まんべんなく栄養を摂って、身体を動かすことがダイエット成功の秘訣です。

 

リバウンドしやすい身体となってしまいますので、決して極端な食事制限はしないでください。

 

どうしても食事制限が難しいという方は「ビアンコロール」というホワイトキドニービーンズが原料の血糖値をコントロールするサプリメントがあります。

 

こちらを利用するというのも賢いかもしれませんね。