食事制限中ならメニューに気を配ろう【オススメはこれ】

食事制限と聞いて、厳しいものと思われる方多いともいます。

 

決して食事制限は辛いものではありません。

 

メニューなど考えながら、効率よくダイエットは健康管理のための食事制限を今回検証してみたいと思います。

 

食事制限のメニューを考えると、意外にもこんなに食べることが出来るのか?と、びっくりなさるでしょうね。

 

食事制限のメニューはどんなものにすればいいのでしょうか?

 

過度な食事制限は禁物

 

過度な食事制限はリバウンドを招き、太りやすい身体となってしまいます。

 

単純に言うと、人間の身体は食べ物から出来ているし、細胞が常に分裂していますから、新しい栄養が必要なのです。

 

そこにグレープフルーツだけ、卵だけ、などのダイエットを繰り返すと取るべきはずの栄養素が取れず、どんどん筋肉が落ちてしまい、基礎代謝が低くなってしまいます。

 

簡潔に言えば、過度な食事制限はデブの元です。

 

食事制限時に取るべき栄養素

 

食事制限と申しましても、自分の自己管理の一部だと思えば、少しは楽になるのではないでしょうか?

 

まず、人間を構成する上でたんぱく質はかなり重要です。

 

たんぱく質の構成要素であるアミノ酸は人体に必要不可欠で、また体内で合成出来ない必須アミノ酸が不足すると筋肉減退、むくみ、免疫力低下、知覚障害なども現れてしまいます。

 

この必須アミノ酸は動物性も植物性もバランスよくとる必要がありますので、たんぱく質は肉、卵、魚、納豆、豆腐などバランスよく摂取することが重要です。

 

ですから、何があってもたんぱく質はメニューに組み込みましょう。

 

またビタミンやミネラルがたくさん含まれている野菜や果物も大切です。

 

ビタミンは身体の調子を整えてくれます。

 

またコラーゲンの合成に欠かせないビタミンCが不足すると最悪死に至ることもあるほどです。

 

その他、ビタミンBは糖質代謝、脂質代謝などにも作用し、ダイエットに欠かせない栄養素であります。

 

また身体を動かすエネルギーとして、炭水化物(糖質)も必要です。

 

糖質は摂りすぎに注意ですが、全く摂らないと、身体を動かすときに億劫になってしまう、他の脂質などを燃やすときの起爆剤ともなりますので、朝、昼のどちらかには必ず頂くようにしましょう。

 

また脂質も必要です。

 

動物性のものでなく、オリーブオイルや魚、など良質な脂を意識してください。

 

細胞膜は脂質で作られていることを意識しましょう。

 

メニューはどんなもの

 

バランスよく野菜やたんぱく質が入ったものが理想です。

 

  • サラダに茹でた豚肉や豆腐を添えた冷しゃぶサラダ、ドレッシングは胡麻ドレッシング
  • ねぎや玉ねぎのスライス、ミョウガ、生姜、ニンニクなどの薬味たっぷりのカツオのたたき
  • コンソメスープに旬の野菜をたくさん入れて鶏肉や豚肉で煮込んだ具沢山のスープに卵を落とす

 

など、摂るべき栄養素が分かっていれば、メニューのアイディアはたくさん沸きます。

 

食事制限を自己管理の一部で何が自分に必要な栄養素であるかが分かれば、おのずから楽しんでダイエット出来ますよ。

 

決して食事制限を苦行と考えず、メニュー作りの一環だと思えば、楽しめますよ。

 

しかし、どうしても食事制限が難しい方はビアンコロールというホワイトキドニービーンズが原料の脂肪燃焼お助けサプリメントの力を借りてもいいかもしれません。

 

筋トレとうまくビアンコロールを組み合わせてみてください。