食事制限と筋トレを正しく実践しよう!

目指すはくっきりと割れたシックスパック、と思ってらっしゃる方いらっしゃいますよね。

 

しかしながら、現実はシックスパックまではいかないけれど、筋肉が程よくついた、ちょいマッチョくらいにはなりたいな、と思う方多いと思います。

 

さて、ちょいマッチョになるためにも、うまくダイエットを成功させなければいけません。

 

ここでお勧めが軽い食事制限に軽い筋トレを組み合わせて効果を出すダイエットです。

 

食事制限に筋トレなんてアスリート並み?と思われる方が多いかもしれませんが、あくまでも楽しんでやる食事制限と筋トレで効果を上げようとするものですので、ご安心ください。

 

この食事制限と筋トレの効果を上げる仕組みや実際どうすればいいのかを検証してみました。

 

過度な食事制限と激しい筋トレは逆効果となる

 

筋トレと聞きますと、なんだかアスリートやボディビルダーなどストイックなトレーニングのイメージがありますよね。

 

またアスリートたちには栄養士が食事指導も厳しそうなイメージがどうしても付きまといがちです。

 

ですが、知識のない素人が間違っている過度な食事制限や激しい筋トレをしますと、全く逆効果となり得る可能性が非常に高くなります。

 

これは、まず、栄養素をきちんと摂らない、単一食品だけの食事制限やジュースだけでの断食など無茶な食事制限を行うと、良質なたんぱく質をとらないため筋肉が衰えますし、また筋肉を分解しながらエネルギーを作り出すという「糖新生」を行い、リバウンドしやすい身体になるという、負のスパイラルとなってしまうのです。

 

筋肉が少ないと消費するエネルギーも少なくなり、食したものをなかなか消費出来ないので、体重が減りにくいという現象が起こります。

 

こんな体で筋トレ、いわゆる無酸素運動を行うと疲れるだけですし、また筋トレで傷んだ筋肉を修復するたんぱく質を食事制限で摂取しないということは身体に相当な負担をかけてしまうのです。

 

つまり、無理な食事制限に無茶な筋トレを行うということは絶対してはいけません。

 

有効な食事制限とゆるやかな筋トレ

 

まず、食事制限ですが、糖質を控えます。

 

ですが、厳しい糖質制限ではなく、朝か昼に少しだけは取りましょう。

 

夕食の際、糖質は控えてください。

 

少しの糖質は筋肉を燃やす起爆剤になります。

 

たんぱく質は赤身の肉、魚、豆腐、豆類など良質なものを心がけてください。

 

必ず野菜も頂くようにしてくださいね。

 

つまり、ここでいう食事制限とは、糖質を控えて栄養バランスが取れた食事のことを指すのです。

 

筋トレですが、休憩をはさんで、20分セットを3回など、ゆっくりのペースで行うことを念頭においてください。

 

激しい筋トレは筋肉を傷めつけて痛んだ状態を続かせ、身体に負担をかけてしまいます。

 

ご自分のペースをつかむまでは、やりすぎの筋トレは逆効果であることをくれぐれも肝に銘じましょう。

 

きちんとした食事制限と緩やかペースの筋トレを組み合わせると、長いスパンで続けることが出来ますので、ダイエット効果も上昇します。

 

誤った食事制限、間違った筋トレは身体を痛めつけるだけですので、注意してくださいね。