食事制限って期間はだいたいいつまで?【決めてから行いましょう】

食事制限で痩せるためにはどのくらいの期間ですればよいのでしょうか?

 

期間を決めず、食事制限をダラダラすると、精神的にも身体的にも良くないのは分かります。

 

ではどのくらいの期間を考えればよいのか?

 

食事制限の期間を検証してみましょう。

 

置き換えダイエットの期間

 

食事制限で思い浮かぶのは、一日三回の食事のうち、1~2回をドリンクやスープ系の置き換え食品で行うものを思い浮かべる方は多いと思います。

 

水で溶かすだけですからとても簡単です。

 

しかしながら、お味が単調ですし、腹持ちもあまり良くないので、飽きる方も多々いらっしゃるそうです。

 

この場合は1~2週間が最初の期間と考えると言いそうです。

 

この期間を過ぎてダラダラすると飽きるし、ドカ食いの元となるストレスが大量発生するパターンとなることが多いという報告があります。

 

断食ダイエットの期間

 

断食ですが、これはプロが一緒にいないと身体を壊す元となるそうですから、素人がひとりでやることは避けましょう。

 

断食とは、必要な水分だけ摂取して、固形物を3日間取らずにいると、身体の不要物が排出され、身体がスッキリするそうです。

 

しかし、この3日目に。回復食と言って、重湯やお粥、野菜ジュースのような胃に優しいものでないと、確実にリバウンドの元となります。

 

断食は必ずプロフェッショナルとすることが前提ですので、素人の判断でしないでください。

 

単一食品の食事制限

 

単一食品の食事制限はお勧めできません。

 

栄養が偏り、一時的に体重が減ったとしても、筋肉が減少してしまい、体調を壊す、、リバウンドする、などが確実となります。

 

よく聞く単一食品ダイエットは、グレープフルーツ、トマト、リンゴ、卵などですが、いずれにせよ、これは期間云々よりやってはいけない食事制限です。

 

自己管理という食事制限の期間

 

自己管理という、自分で食事内容をきちんと選び、コントロールする食事制限は期間がないと思います。

 

むしろこれは一生続けた方がいいのではないでしょうか?

 

しかしながら、何を食べて何を控えるか?

 

甘いものやファストフード、ジャンクフードを避けるのは分かります。

 

たんぱく質や野菜や果物を多く摂ることが大切ともわかります。

 

問題はその量やタイミング。

 

一日一回の食事で言い方や一日の食事回数を5回に分ける方もいらっしゃるほどですから、個人差があるのです。

 

食事の回数を制限するのは人それぞれですので難しいことです。

 

自分に合った食事回数を考えてみましょう。

 

くれぐれも食事の内容は考えてください。

 

基本は高たんぱくで野菜がたくさん、と覚えれば、簡単です。

 

コンビニエンスストアでしか食事を用意できないという方もいらっしゃる場合ですが、

 

  • コンビニのサラダ
  • 茹で卵
  • 冷ややっこ
  • おでん

 

などでも食事制限は実践できます。

 

バナナやカットフルーツを付けてもいいですね。

 

このようにたとえコンビニエンスストアでも食事制限は楽しんで出来ます。

 

置き換え食品などを使う食事制限の期間は長くとも2~3週間、プロについて断食するなら3日間、自己管理での食事制限の期間はエンドレス(楽しみながらですよ)です。

 

賢く食事制限の期間を設けてみてください。

 

どうしても食事制限が分からない人はビアンコロールという、ホワイトキドニービーンズが原料の脂肪燃焼をサポートするサプリメントがあります。

 

こちらも手軽に利用するのもある意味賢いのかもしれません。