食事制限ってダイエットには逆効果?【正確な情報はこちら】

ちょっと太ってしまったので、食事制限を自分勝手に進めてしまい、逆効果になって太ってしまったという方からのご相談がありました。

 

逆効果にならない食事制限はあるのでしょうか?

 

逆効果にならない食事制限あるのでしたら、教えてほしいです。

 

では逆効果にならない食事制限について調べてみました。

 

食事制限で飢餓モード

 

トマトだけ、グレープフルーツだけなど、自己流の無謀な食事制限をしてカロリーを抑えて一時的に体重が減ったとしても、身体に栄養素が入ってこないがために、「飢餓モード」いわゆる「節約モード」に身体がシフトして、エネルギーを確保するために代謝が抑制されてしまうという悪循環に陥ることが多々あります。

 

これが食べていないのに痩せない、ちょっと食べただけで太ってしまったという逆効果の食事制限の代表的な例です。

 

また栄養素が足りないということは、身体の細部に栄養が回らないということですから、全てにおいて悪循環になります。

 

その結果、だるい、キツイ、やる気が起きない、挙句の果てにはうつ病を発症するなど、本当にいいことはないのです。

 

食事制限は糖質制限と置き換える

 

つまり、きちんと摂るべき栄養と、不要なものとを区別することが重要となってきます。

 

身体の構成は、筋肉や骨、血液などですから、たんぱく質はきちんと摂らなくてはいけません。

 

また体の隅々まで栄養を摂るべく、ビタミンやミネラルを含む野菜も需要です。」

 

ここで一番注意が炭水化物、つまり糖質です。

 

糖質を全く摂らないのも問題ですが、日本人の大多数は糖質摂取過多がほとんどで、ここで肥満や糖尿病の原因のひとつでもあるのです。

 

先程申し上げましたように、単一食品ダイエットをしてしまい、筋肉が減りすぎると、基礎代謝が低下してしまいます。

 

基礎代謝は何もしなくともカロリーを消費してくれますので、筋肉がしっかりついている方が重要であることはわかると思うのです。

 

つまり、食事制限の失敗、逆効果なってしまう原因はこの筋肉が減ってしまい、基礎代謝が落ちてしまうことであります。

 

ですから、しっかり筋肉をキープしながらダイエットすることが大切です。

 

つまり、軽く運動する、そして筋肉を修復するために良質のたんぱく質を食べる、身体の隅々まで栄養素を行き渡らせる、ということがポイントとなります。

 

慌てて、食べなくなって、痩せたけれども、久しぶりに食べたら、すぐに太ってしまったということはこの身体が飢餓モード(節約モード)となって、基礎代謝が減ることが原因なのですね。

 

もちろんたんぱく質だけを取るのではなく、脂肪が燃えやすくなるビタミンBやコラーゲン合成に欠かせないビタミンCなども重要です。

 

つまり、栄養素をきちんと摂らないと、痩せない、糖質は控えても、摂るべき栄養素のたんぱく質やビタミンは必ず摂るようにするということを覚えておけば、無敵だと思います。

 

無謀な食事制限は逆効果になりますので、効果ある食事制限をしてくださいね。

 

どうしても食事制限が無理だという方、ビアンコロールというホワイトキドニービーンズが原料で、脂肪燃焼させるという必殺お助けサプリメントがあります。

 

こちらを奥の手で使うのもある意味いいかもしれません。